Top Page
当サイトについて
Twitter follow me!!
RSS
Contact


スポンサーサイト このエントリーをはてなブックマークに追加

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遊馬「強化合宿のお知らせ…?」アストラル『どうした遊馬』 このエントリーをはてなブックマークに追加

 
1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/10/06(土) 20:53:16.10 ID:xPZRHFDx0
立つよね


2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/10/06(土) 20:54:04.85 ID:xPZRHFDx0

遊馬「……」ソワソワ

アストラル『君に落ち着きがないのはいつものことだが、今日は一段と酷いようだな。一体どうしたのだ、遊馬?』

遊馬「どうしたもこうしたも、見ろよこれ!」
っ【秋の強化合宿のお知らせ】

アストラル『……』

アストラル『強化合宿とはなんだ? いつ発動する?』

遊馬「知らねーのか? 強化合宿ってのはな、俺たちがもっと強くなれる修行なんだよ!」

アストラル『ほう、それは素晴らしいイベントだな』

遊馬「だろ? しかも、これ見てみろよ! 送り主のところ!」

アストラル『……』

アストラル『私の目に狂いがなければ、この手紙の差出人は『武藤遊戯』になっているようだが』

遊馬「そう! そうだよ! あの伝説のデュエリスト、武藤遊戯からの手紙だぜ!? うっひょー!」

3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/10/06(土) 20:55:00.07 ID:xPZRHFDx0

アストラル『……遊馬。彼はもはや歴史上の人物、君とは違う時代を生きたデュエリストだ』

アストラル『そんな人間から手紙が届くというのは、どう考えても不自然だ』

遊馬「うっはー、早く来ねえかなあ!? 手紙に書いてた時間、もうすぐなんだけどな~」

アストラル『遊馬。私の推測が正しければ、この手紙は徳之助、もしくはⅣあたりからの嫌がらせ……』


赤き龍<アオーン

アストラル『!?』

遊馬「お、来た来た!」

赤き龍<アオーン

遊馬「乗れって言うんだな? よし!」

アストラル『待て遊馬! この龍は一体……』

遊馬「あ、そーいや言ってなかったな……この手紙を届けてくれたの、こいつなんだ」

アストラル『なんだと?』

遊馬「お前は皇の鍵の中に引っ込んでたからな。見てなかったんだろ?」



4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/10/06(土) 20:55:36.82 ID:xPZRHFDx0

アストラル『しかし……』

遊馬「大丈夫大丈夫、悪い奴じゃねえって! さ、行くぜアストラル!」

アストラル『……いいだろう、君には負けたよ。私もついていくとしよう』


~~タイムトラベル中~~


赤き龍<アオーン

遊馬「お、着いたみたいだな。ありがとな!」

赤き龍<オーン

アストラル『結局、あの龍は何だったのか……』

遊星「説明すると長くなる。それについては気にしないでくれ、悪いものではないから心配しなくていい」

遊馬「おわ!? びっくりしたー……って、その髪型、もしかして!?」

アストラル『私が見えているのか!?』

遊馬「じゃねーよ! も、もしかして、不動遊星……!?」


5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/10/06(土) 20:56:14.81 ID:xPZRHFDx0

遊星「ああ、俺は不動遊星だが」

遊馬「っっっひょー! 本物の不動遊星だー! あの伝説のデュエリスト兼科学者の!」

十代「ははっ。未来でも有名人みたいだな、遊星は」

遊馬「それに、そっちの人は……!」

十代「おお!?」

遊馬「……誰だっけ?」

十代「って、知らないのかよ!」

遊星「十代さんは、あまりデュエル史の表舞台に出てくる人ではありませんでしたから……」

十代「ま、とりあえず自己紹介か。遊城十代だ、よろしくな!」

遊馬「あ、はい! 九十九遊馬です、よろしくお願いします!」

十代「そっちのお前も。名前なんて言うんだ?」

アストラル『やはり、私が見えているのか……私の名前は、アストラル』

十代「アストラルか! よろしくな!」

遊戯「みんな揃ったみたいだね」

遊馬「!!」


7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/10/06(土) 20:56:58.88 ID:xPZRHFDx0

遊戯「遊馬くんに、アストラルくんだね? ごめんね、遠くからわざわざ呼びつけちゃって」

遊馬「……ほ、本物だ……」

遊戯「えっ?」

遊馬「本物の武藤遊戯!? あの伝説のデュエリストの!?」

遊戯「う、うん。僕が武藤遊戯だけど……」

遊馬「うおぉー! あ、あの、サインとかもらっても」

アストラル『落ち着け遊馬、あまり取り乱すとみっともないぞ』

遊馬「お、おお、そうだった。俺ってば伝説のデュエリストの前で何を……」

十代「いやー、流石ですね遊戯さんは」

遊戯「はは……とにかく、みんな揃ったみたいだから、合宿を始めようか」



8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/10/06(土) 20:57:29.61 ID:xPZRHFDx0

遊戯「えーっと。まず、どうしてこんな合宿を開いたのかって言うと。
    もうすぐ遊戯王ゼアルの新シーズンが始まるって聞いたからなんだ」

十代「ちょうど明日からですね」

遊馬「ああ! 遊戯王ゼアルがパワーアップ! バリアン世界から新たな敵が登場し……」

遊星「宣伝なら大丈夫だ」

遊馬「とと、つい癖で……。それで、ゼアルの新シーズンと、この合宿に、どんな関係があるんだ?」

遊戯「うん。ゼアルが始まったときの遊馬くんは、まったくのデュエル初心者だった。
    でも、今は違う。1人でも、カイトくんと互角に戦えるぐらい強くなった」

遊馬「いや~、あ、ありがとうございます……へへっ」

アストラル『遊馬、調子に乗るのはやめたほうがいい』

遊馬「なっ……う、うるせーな! 伝説のデュエリストに褒められて、喜ばない奴がどこにいるんだよ!」

アストラル『そもそもカイトとのデュエルも、互角に渡り合ったとはいえ、結果は我々の敗北。まだまだ精進が足りない』

遊馬「そりゃあ、そうだけど」

遊戯「ははは……。それでね、遊馬くんもそれだけ強くなったんだから、
    新章に入ると、敵もどんどん強くなっていくんじゃないかと思うんだ」


9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/10/06(土) 20:58:10.06 ID:xPZRHFDx0
遊星「俺の時も、そうでしたからね」

十代「遊星はどんなやつらと戦ってきたんだ?」

遊星「俺は……」


~~~~~

     「俺の本当の力を見せてやる…!」
                                           「吸↑収↓するぅ!」
                      「手札からトラップ!?」
 「僕だ!」
                               「まるで意味がわからんぞ!?」
  「どうだ、俺たちと一緒にやらないか」
                                   「これが私の怒りだ、私の嘆きだ!」 
「覚悟するがよいチーム5D'sよ、ここからが本当の地獄だ」ガションガションガション

~~~~~


遊星「……」

遊馬「な、なんかすっげえ遠い目をしてる……」

十代「いろいろあったんだな、遊星にも……」

アストラル(『も』?)


10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/10/06(土) 20:58:48.70 ID:xPZRHFDx0

遊戯「と、とにかく! 一応僕たちは、遊馬くんの先輩ってことになるんだし。
    新しい戦いに挑む遊馬くんに、何か教えられることがあるなら、教えておきたいんだ」

遊馬「あの伝説のデュエリスト、遊戯さんが、俺のために……ありがとうございますっ!!」

アストラル『感謝してもしきれないな、これは』

十代「おいおい、俺たちだっているんだぜ?」

遊星「遊戯さんほどじゃないが、それなりに修羅場は潜ってきたつもりだ。少しは教えられることもあると思う」

遊馬「十代さんに、遊星さんも……!」

アストラル『歴戦の勇者たちが、我々のために……胸が熱くなるな』

遊戯「じゃあ、始めようか!」





12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/10/06(土) 20:59:50.55 ID:xPZRHFDx0
遊戯「まず大事なのは、危機的状況からの生還、だね」

遊馬「危機的状況……?」

遊戯「うん。特に遊馬くんの切り札、ホープレイは、ライフが1000以下じゃないと効果を使えない。
    ギリギリのところで踏みとどまる技術っていうのは、どうしても必要になってくると思う」

遊馬「ほえー。今まで、別に意識しないでやってたけどなぁ」

十代「ま、主人公なら、それが当然かもしれないな」

遊星「そこで、だ。遊馬にはこれから、俺たちの記憶の世界に行って、俺たちが戦ってきたデュエルを、一部経験してもらおうと思う」

遊馬「記憶の世界…? 経験…?」

遊星「……まあ、実際にやってみたほうがわかりやすいだろう」



13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/10/06(土) 21:00:24.24 ID:xPZRHFDx0

―――

ハラルド「スピードワールド2の効果発動! スピードカウンターを10個取り除き、スターダスト・ファントムを破壊する!」

遊星「くっ…! スターダストファントムの効果発動! このカードが破壊されたとき、墓地からスターダストドラゴンを復活させる!」

遊星:スターダストDEF2000

ハラルド:トールATK3500 ロキATK3200 オーディンATK4000

―――


遊馬「うわっ、なんだこれ!? すっげーピンチじゃん!」

遊星「ああ。確かにこのときは焦ったな」

遊戯「けど、遊星くんはこの状況を凌ぎきった」

遊馬「ま、マジで!? こんな大ピンチを?」

十代「それくらいできなきゃ、遊戯王の主人公なんて務まらないぜ」

遊馬「ふえー……お、俺、なんか不安になってきた」



14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/10/06(土) 21:00:54.19 ID:xPZRHFDx0

―――

ハラルド「極神皇トールでスターダストドラゴンを攻撃! サンダーパイル!」」

遊星「墓地のスターダスト・ファントムの効果を発動! 墓地のこのカードを除外することによって、
    スターダストは守備力を800ポイント下げることで、戦闘で破壊されなくなる!」
スターダストDEF2000→1200

ハラルド「極神皇ロキでスターダストを攻撃! ヴァニティバレット!」

遊星「スターダストファントム、効果発動!」
スターダストDEF1200→ 400

ハラルド「だがこれでもうスターダストファントムの効果は使えない! 極神聖帝オーディンで攻撃!」

遊星「手札から牙城のガーディアンを墓地に送り、効果発動! スターダストの守備力を1500ポイントアップする!」
スターダストDEF 400→1900

ハラルド「なんだと!?」

遊星「スターダストファントム、効果発動!」
スターダストDEF1900→1100

―――

遊馬「すっげー! 3体の攻撃を全部防いじまった!」

アストラル『流石、と言うべきか……』


15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/10/06(土) 21:01:26.74 ID:xPZRHFDx0

十代「けど、どうせ牙城のガーディアンを使うなら、最初のトールの攻撃に対して使えば、ここまで守備力を下げずに済んだんじゃないか?」

遊星「あの時は、俺も必死でしたから……面目ないです」

遊戯「まあ、どの道スターダストが生き残ることに変わりはないよ。
    遊星くんの時代のデュエルは、守備力数百ポイントの違いが生死を分けるようなものでもないしね」

遊星「ありがとうございます、遊戯さん」

遊戯「よし、じゃあ次は遊馬くんの版だね」

遊馬「へ? 俺?」

遊戯「じゃあ、行ってらっしゃい!」





16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/10/06(土) 21:01:59.54 ID:xPZRHFDx0

―――

遊馬:No.39 希望皇ホープ(守備表示)ORU2個 裏守備モンスター 手札:2
ハラルド:トールATK3500 ロキATK3200 オーディンATK4000 

遊馬「――っと! なんだ、これ……って、バイク? いや、なんで俺バイクなんか……」

アストラル『これがライディングデュエルというものか! いつものデュエルとはまた違ったフィールを感じる……』

遊馬「え? え? ライディング? ライディングって……ええー!?」

ハラルド「私はスピード・ワールド2の効果を発動! スピードカウンターを10個取り除き、相手モンスター1体を破壊する!」

アストラル『来るぞ!』

遊馬「おわぁっ!」

ハラルド「ふっ、やはり守備モンスターはゴゴゴゴーレムか。2回の戦闘に耐えられるモンスターだが、効果破壊には無力!」

遊馬「や、やべえぜ!」

アストラル『落ち着け遊馬、我々の場にはまだホープがいる。ムーンバリアを使えば……』



17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/10/06(土) 21:02:41.36 ID:xPZRHFDx0

ハラルド「私は極神皇トールの効果を発動! 相手モンスターの効果を無効にする!」

アストラル『……敵もそこまで甘くはなかったようだ』

遊馬「どーすんだよ、おい!」

ハラルド「バトル! 極神皇トールで、希望皇ホープを攻撃! サンダーパイル!」

遊馬「うわあああああああ!!」

アストラル『ホープが破壊されたか…!』

遊馬「このままじゃダイレクトアタックを食らっちまう!」

ハラルド「極神皇ロキで、遊馬にダイレクトアタック!」


18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/10/06(土) 21:03:13.66 ID:xPZRHFDx0

遊馬「おう! 相手がダイレクトアタックを宣言したとき、こいつは手札から特殊召喚できる!」

遊馬「ガガガガードナーを守備表示で特殊召喚だ!」

ハラルド「神の前に小細工など無意味! ロキの攻撃は続行、ガガガガードナーを攻撃しろ!」

遊馬「ガガガガードナーの効果発動! 手札を1枚墓地に送ることで、戦闘破壊を無効にするぜ!」

ハラルド「くっ……だが私には、まだオーディンの攻撃が残されている! 極神聖帝オーディンで、ガガガガードナーを攻撃!」

遊馬「俺の手札はゼロ、効果は発動できねえ……」

アストラル『だが、とりあえずこの場は凌ぎきった。しかし遊馬、君は――』

ハラルド「そしてトラップ発動、ミョルニルの魔槌!」

遊馬「え?」

ハラルド「このカードの効果により、オーディンはこのターンもう1度攻撃することができる!」

遊馬「んな、さっきはそんなカード使ってなかったのに!?」


19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/10/06(土) 21:04:23.32 ID:xPZRHFDx0

ハラルド「極神聖帝オーディンのダイレクトアタック!」

遊馬「攻撃力4000のダイレクトアタック!? こんなもん食らったら1発でやられちまう!」

アストラル『――やれやれ。遊馬、君は1度プレイングミスを犯している』

遊馬「へ? ミス?」

アストラル『だが、まだ挽回は可能だ。とりあえずこの場を凌ぐことはできる』

遊馬「何のことだよ……」

アストラル『さっきのデュエルを思い出してみろ。不動遊星は手札と墓地のカードをフルに活用し、この状況を乗り切った』

アストラル『君も、彼と同じことをすればいい』

遊馬「手札と、墓地……」

遊馬「……今捨てたカードは……」



20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/10/06(土) 21:04:57.81 ID:xPZRHFDx0

遊馬「そうか! 俺は墓地からタスケナイトの効果を発動!」

ハラルド「墓地からモンスター効果だと!?」

ブレイブ「墓地からモンスター効果発動だって!?」
ドラガン「墓地から?」
アキ「墓地からモンスター効果なんて、すごい!」
MC「ぼぼぼ、墓地からモンスター効果を発動したぞぉ!!」

遊馬「な、なんだぁ!? とにかく、タスケナイトの効果! 俺の手札がゼロで、相手モンスターが攻撃してきたとき!
    墓地からタスケナイトを特殊召喚して、バトルフェイズを終了させる!」

ハラルド「くっ……私はこれでターンエンドだ」

―――

遊馬「な、なんとか乗り切ったぜ……」

遊戯「お疲れ様。でも、ちょっとプレイングミスが目立ったかな」

遊馬「うっ」

アストラル『極神聖帝オーディンにガガガガードナーが攻撃されたとき、既に君の手札はゼロだった。
        あのときタスケナイトの効果を使っていれば、ガガガガードナーが破壊されることはなかった』


21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/10/06(土) 21:05:29.34 ID:xPZRHFDx0

遊馬「うぐっ……面目ねえ……」

遊星「だが、その場合ハラルドにミョルニルの魔槌を使わせることはできなかった。
    そうなると、後々のデュエル展開にも影響が出たかもしれない」

十代「うーん。手札もゼロなんだし、とりあえずモンスターを多く残したほうがいいと思うけどな」

遊馬「そうだ! あの伏せカード、さっきのデュエルでは出てこなかったよな?
    なんで俺のときだけあんなカードが……」

遊星「それは……」

遊戯「十代くんが、ちょっと……ね」

十代「いやー、遊馬の実力がどの程度なもんか、ちょっと試してみようかなと思ってさ」

遊馬「そりゃねえぜ十代さぁん!」

十代「ははっ! じゃ、次のステップに進むぜ!」


22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/10/06(土) 21:06:00.93 ID:xPZRHFDx0

十代「次はやっぱり、少ない手札からの巻き返しだ」

遊馬「少ない手札からの巻き返し……?」

遊戯「うん。やっぱり、アニメ映えするようなデュエルっていうのは、すごく手札の消費が激しい」

遊星「エースモンスターを召喚するために、手札をゼロにしてしまうことも多々ある。
    そんな状況で、召喚したモンスターが破壊されてしまえば……」

遊馬「……」ゴクリ

十代「1枚のドローで、全てをひっくり返す! そんなデュエルが求められることも、しょっちゅうある」

遊星「十代さんは融合召喚を主軸にしていましたからね。余計それが顕著だったように感じます」




23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/10/06(土) 21:06:37.06 ID:xPZRHFDx0

~~~
十代 手札0 場 なし LP 100
アナシス 場:海竜-ダイダロス LP1600
~~~

遊馬「手札もフィールドも空っぽで、しかもライフは100ポイント!?」

遊星「しかし相手の場にいるのは、耐性もなく、攻撃力もほどほどのモンスターが1体のみ」

遊戯「相手のライフも少ないし、そんなに苦戦はしないだろうね」

十代「あ、やっぱわかりますか?」

遊馬(え? 手札場0でライフ100って相当ピンチなんじゃ……?)

アストラル(これが歴戦のデュエリストたちの会話……!)

十代「まあ、見てろって」



24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/10/06(土) 21:07:14.46 ID:xPZRHFDx0

―――

十代「俺のターン、ドロー! 手札がこのカード1枚だけのとき、こいつは手札から特殊召喚できる!」

十代「現れろ! E・HERO バブルマン!」

十代「この効果で特殊召喚に成功したとき、デッキからカードを2枚ドローだ!」

十代「よし、強欲な壺を発動! デッキからカードを2枚ドローする!」

十代「そして戦士の生還を発動、墓地からE・HERO スパークマンを手札に加えて、そのまま召喚!」

十代「さらに魔法カード突然変異を発動! バブルマンを生贄にして、E・HERO バブルマン・ネオを特殊召喚する!」

十代「装備魔法バブル・ショットをバブルマン・ネオに装備。これでバブルマンネオの攻撃力は800ポイントアップする!」

十代「バトル! バブルマンネオで海竜-ダイダロスに攻撃して、バブル・ショットの効果発動!
    バブルマンネオのバトルによって発生する俺へのダメージを無効にして、破壊の身代わりになる!」

十代「そして、バブルマンネオの効果発動! このモンスターと戦闘を行った相手モンスターを、ダメージステップ終了時に破壊する!」

十代「いっけースパークマン! ダイレクトアタックだ!」

アナシス「ぐわああああああ」LP1600→ 0

―――


26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/10/06(土) 21:07:54.24 ID:xPZRHFDx0

遊馬「すっげえー! 本当にドロー1枚でひっくり返しちまった!」

遊戯「下級モンスターたちのコンビネーションで決めるあたりが渋いよね!」

遊星「そうですね。絆の力を感じます」

十代「いやいや、派手なコンボが決められなかっただけですよ。遊戯さんにお見せするには恥ずかしいくらいです」

遊馬(……そんなもんなの?)

アストラル(我々には理解しがたい次元の話だ)

十代「じゃ、次は遊馬の番だな!」

遊馬「え? 俺の番、って……またさっきみたいに!?」



27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/10/06(土) 21:08:28.92 ID:YFU+fTnJO
少ない手札からって天よりの宝札を創造すればええやん


28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/10/06(土) 21:08:29.72 ID:xPZRHFDx0

十代「おう! んー、でもどうすっかなー。今のデュエル程度の状況じゃ、簡単すぎてつまらないだろうし……」

遊馬「いやいや! つまらなくなんてないです! ないですから!」

十代「なあ遊星、お前が今までやってきたデュエルの中にさ、ちょうどいい感じやつ、ないか?」

遊星「ああ、それでしたら……」

遊馬「ちょっ! ちょ、結構です! い、今のデュエルで結構ですから――」


―――
遊馬 手札:1 フィールド:0 LP4000
ゴドウィン 地縛神 Wiraqocha Rasca 太陽龍インティ 伏せカード LP7900

遊馬「ちっくしょおおおおおおおお!!」

アストラル『ちなみに敵の場の伏せカードは"バイ=マーセの癇癪"。モンスター効果を無効にして破壊するカウンタートラップだそうだ』

遊馬「どうしろってんだよ!」


29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/10/06(土) 21:09:19.20 ID:xPZRHFDx0

アストラル『心配するな。本来このデュエルは3vs1のデュエル。だが今君に仲間はいない』

アストラル『本来なら手札ゼロで始めるところだが、不動遊星はそういった点を考慮し、君に1枚だけカードを持たせてくれた。Sp-サイクロンだ』

遊馬「いや、それでもこの状況は……」

アストラル『こうなった以上は、やるしかあるまい』

遊馬「……わかったよ! 俺のターン、ドロー!」

遊馬「Sp-サイクロンを発動! そのセットカードを破壊する!」

遊馬「俺はカードカー・Dを召喚! そして効果発動!」

遊馬「このモンスターを墓地に送ることで、デッキからカードを2枚ドローし、その後強制的にエンドフェイズへ移行する!」

ゴドウィン「手札尽き、フィールド尽き。最後の神頼みというわけか。いいだろう、ドローするがいい」

遊馬「2枚ドロー! ターンエンドだ」


30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/10/06(土) 21:09:53.38 ID:xPZRHFDx0

ゴドウィン「我のターン! ドロー!」

ゴドウィン「地縛神 Wiraqocha Rascaの効果発動! 九十九遊馬のライフを1にする!」

遊馬「……は?」

ゴドウィン「喰らえ、ポーラスター・オベイ!」

遊馬「ちょ、ちょっと待って! 今の、俺の聞き間違いじゃないの!? ライフ1にするって言った? マジで!?」

アストラル『確かにそう言ったが』

遊馬「なんだよそのインチキ効果ぁぁぁぁ!」LP4000→ 1

ゴドウィン「当たり前だろう、我は神なのだからな。カードを1枚伏せ、ターンエンドだ」

アストラル『ちなみにあの伏せカードはメテオ・プロミネンス。手札2枚をコストに必要とするカードだから、心配はいらない」

遊馬「解説してくれるのはありがてえけどよ……。俺のターン、ドロー!」



31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/10/06(土) 21:10:52.47 ID:xPZRHFDx0

アストラル『地縛神の共通効果により、Wiraqocha Rascaに攻撃することはできない。
        そして太陽龍インティは、バトルで破壊してしまうと、こちらのモンスターが道連れにされる』

アストラル『さらに太陽龍インティが破壊されると、同時に墓地から月影龍クイラが復活する。
       そして月影龍クイラが破壊されれば、同じように太陽龍インティが蘇る。太陽と月の無限ループというわけだ』

遊馬「八方塞がりじゃねえか!」

アストラル『そうかな? 完璧に見えるこのループにも、弱点はある』

遊馬「弱点……?」

アストラル『日が沈み月が現れる。月が隠れまた日が昇る。
       人類の誕生より前から続く、この無限ループ……自然の摂理は、誰にも止めることなどできない』

アストラル『だが、それを観測するのは人間だ。そして人はいずれ死ぬ。
        太陽龍と月影龍の無限蘇生はいつまでも続くが、それを操るプレイヤーのライフには限りがある』

遊馬「ってことは……」

アストラル『一撃で、決めてしまえばいい。どちらかと言えば、君の得意分野だと思うが?』


32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/10/06(土) 21:11:40.95 ID:xPZRHFDx0

遊馬「……そうだな! スピードスペル、サモンスピーダーを発動! 手札からガガガマジシャンを特殊召喚!」

遊馬「さらに俺は、ガガガガールを召喚だ!」

アストラル『そう、勝利の方程式は既に完成している。取るべき選択は……わかるな?』

遊馬「おう! 俺はガガガマジシャンの効果発動! レベルを4から5に変更する!」

遊馬「さらに、ガガガガールの効果も発動だ! フィールドのガガガマジシャンにレベルを合わせるぜ!」

ゴドウィン「レベル5のモンスターが2体…?」

遊馬「俺は! レベル5になったガガガマジシャンとガガガガールでオーバーレイ!」

遊馬「2体のモンスターで、オーバーレイネットワークを構築! エクシーズ召喚!」

遊馬「力を貸してくれ、Ⅲ! No.33、先史遺産-超兵器マシュ=マック!」

アストラル『ガガガガールの効果だ、遊馬』

遊馬「わかってる、ガガガガールの効果発動! ガガガモンスターのみを素材にしてエクシーズ召喚を行ったとき、
    相手フィールドに存在する特殊召喚されたモンスター1体を選択して、その攻撃力をゼロにできる!」



33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/10/06(土) 21:12:20.30 ID:xPZRHFDx0

ゴドウィン「太陽龍インティの攻撃力が…!」

遊馬「さらに! マシュ=マックの効果発動! 攻撃力が変化しているモンスター1体を対象に、
    そのモンスターの元々の攻撃力と現在の攻撃力の差分、相手にダメージを与える!」

アストラル『太陽龍インティの攻撃力は、3000から0に変わった。よって与えるダメージは3000ポイント!』

遊馬「インフィニティ・キャノン!」

ゴドウィン「ぬおおおおおおおおお!!」LP7900→4900

遊馬「そして、マシュ=マックの効果にはまだ続きがある! この効果で与えたダメージの数値分、マシュ=マックの攻撃力をアップする!」

アストラル『その攻撃力は5400!』

遊馬「いっけえー、マシュ=マック! 太陽龍インティを攻撃しろ! ヴリルの火!」

ゴドウィン「ぐあああああああああああ」LP4900→ 0

―――



34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/10/06(土) 21:13:01.42 ID:xPZRHFDx0

遊馬「やったぁー! なんとか突破してやったぜ!」

遊星「……」

十代「うーん……」

遊馬「へ? なに? どしたの?」

遊戯「ギリギリ、合格……かな?」

遊馬「うぇっ、そんなギリギリだったの!? 結構自信あったのに」

アストラル『いや。今のデュエルは、あまり褒められたものではないな』

遊馬「お前まで、そんな……」

遊戯「うーん。まずは、1ターンで決められなかったところ、かな」

遊馬「あ……」

遊戯「とはいっても、僕が言いたいのはかかった時間についてじゃない」

遊戯「手札増強カードを引いたところまではよかったんだけどね。その後のケアが不十分、ってこと」



35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/10/06(土) 21:13:52.48 ID:xPZRHFDx0

遊馬「う"っ。それは……」

十代「あの後の展開見てる限りだと、手札誘発カードも引けてなかったんだろ? 墓地にも防御策はなかったし」

遊戯「今回は相手モンスターが少し特殊な効果持ちだったからよかったけど、
    いくらライフが減っていないとはいえ、ノーガードでターンを渡しちゃうのは、ね」

遊馬「うぅ……」

遊星「待ってください遊戯さん。備えが不十分だったのは確かですが、
    途中参戦のような形を取っている以上、仕方がない部分もあるかと……」

十代「それに、カードパワーの問題もありますしね。最近はもう、デメリットなしに手札を増やせるカードなんて、数えるほどしか……」

遊馬「遊星さん……十代さん……」

遊戯「ふふ、わかってるよ。過程はどうあれ、不利な状況をひっくり返してみせたのは確かだからね」

遊馬「遊戯さん…!!」



37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/10/06(土) 21:14:27.33 ID:xPZRHFDx0

遊戯「だけど遊馬くん、忘れないで。今回は練習だったけど……実戦になれば、絶対に負けられないデュエル、っていうのがあるんだ」

アストラル『……』

遊馬「……」

遊戯「そんなとき、無防備な姿を晒すような真似をしないで済むように。もっと、腕を磨くんだ。アストラルと、2人でね」

遊馬「……はい!」

アストラル『……肝に銘じておこう』

遊戯「よし、じゃあ次のデュエルに行こうか」


38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/10/06(土) 21:14:57.83 ID:xPZRHFDx0

遊戯「さて。次は、ちょっと実戦的なことをやってもらおうと思うんだ」

遊馬「実戦的な……」

遊戯「これがクリアできれば、遊馬くんも一人前かな」

遊馬「おお!」

遊星「セット完了しました」

十代「よし、行ってこい遊馬!」

遊馬「よっしゃあ! かっとビングだぜ、俺ー!」

遊戯「頑張ってね!」




39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/10/06(土) 21:15:33.20 ID:xPZRHFDx0

―――

遊馬「よっ……と。なんか、だんだん慣れてきたぜ」

アストラル『さて、場の状況は……』


~~~~
フィールド魔法
オレイカルコスの結界
オレイカルコス・デウテロス
オレイカルコス・トリトス

ダーツ 手札1 LP18500
オレイカルコス・シュノロス ATK17200 ※後衛
オレイカルコス・デクシア ATK 500 ※前衛
オレイカルコス・アリステレス DEF 0 ※前衛

遊馬 手札3 LP4300

~~~~

遊馬「……」

アストラル『……』


40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/10/06(土) 21:16:13.57 ID:xPZRHFDx0

遊馬「なんっっっじゃこりゃぁぁぁぁぁぁ!?」

アストラル『このフィールド魔法……邪悪な力を感じる!』

ダーツ「名も無き王、お前のターンだ!」

遊馬「ファラオ……?」

アストラル『おそらく、このデュエルは武藤遊戯の記憶なのだろう』

遊馬「と、とりあえず……ドロー!」

遊馬「しかし、どうすりゃいいんだよ、こんな状況……」

アストラル『今の我々に、敵のモンスターを倒すだけのパワーはない。ここは耐えるんだ、遊馬』

遊馬「そうするしかねーよな…。モンスターを1体、裏守備表示でセット! ターンエンドだ!」


41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/10/06(土) 21:16:56.59 ID:xPZRHFDx0

ダーツ「成す術もないようだな。私のターン、ドロー」

ダーツ「オレイカルコス・デウテロスの効果発動! 私の場に存在するモンスター1体につき500ポイント、ライフを回復する」

ダーツ「私の場にはモンスターが3体、よって1500ポイントの回復だ」LP18500→20000

遊馬「まだ増えんのかよ!」

アストラル『あのフィールド魔法を破壊しなくては、敵のライフは際限なく上昇する……』

ダーツ「バトルだ。私はオレイカルコス・デクシアで、裏守備モンスターを攻撃!」

遊馬「攻撃力500のモンスターで攻撃!?」

ダーツ「オレイカルコス・デクシアの効果発動! このカードの攻撃力は、戦闘を行う相手モンスターの攻撃力+300ポイントとなる!」

アストラル『必ず相手モンスターを上回るということか……!』

遊馬「けど、守備モンスターはゴゴゴゴーレムだ!」

アストラル『守備表示のゴゴゴゴーレムは、1ターンに1度、バトルでは破壊されない』



42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/10/06(土) 21:18:03.30 ID:xPZRHFDx0

ダーツ「オレイカルコス・デクシアが効果を使用した場合、その数値分だけ、オレイカルコス・シュノロスの攻撃力が下がる」

シュノロス:ATK17200→15100

遊馬「よし、攻撃力が下がったぜ!」

ダーツ「続いてオレイカルコス・シュノロスの攻撃! ゴゴゴゴーレムを破壊せよ!」

遊馬「く、ゴゴゴゴーレムはもう耐えられねえ!」

ダーツ「それだけではない! オレイカルコス・シュノロスの効果発動!」

ダーツ「このカードがバトルを行うとき、相手モンスターの攻撃力分、このカードの攻撃力を下げることで、
     相手モンスターを破壊し、さらにその数値分だけ相手にダメージを与えることができる!」

遊馬「なにぃ!?」

ダーツ「オレイカルコス・シュノロスの攻撃力を1800ポイント下げ、ゴゴゴゴーレムを破壊する。そして1800のダメージを受けろ!」

遊馬「ぐああああああああああああああっ!!」LP4300→2500


43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/10/06(土) 21:18:43.68 ID:xPZRHFDx0

シュノロス:ATK15100→13300

アストラル『シュノロスの攻撃力は確実にダウンしている……だが、ゼロになるのを待つわけには行かないようだ』

ダーツ「私はこれでターンエンドだ」

遊馬「う、ぐ……俺のターン、ドロー!」
っ【強欲な壺】

遊馬「って、強欲な壺? 確か、これって禁止カードのはずじゃ……」

アストラル『武藤遊戯が生きた時代では、強欲な壺はまだ制限カードだった。そのせいだろう』

遊馬「そういうことか。なら、ありがたく使わせてもらうか!」


遊馬「……つっても、こいつの強さはハンパじゃねえ」

アストラル『攻撃力もライフポイントも桁違い。おそらくこの相手は、武藤遊戯の戦った相手の中でも、トップクラスの強敵のはず』

遊馬「けど、遊戯さんはこいつに勝ったんだよな」

アストラル『そうだ。"伝説"の名は伊達ではない』


44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/10/06(土) 21:19:20.95 ID:xPZRHFDx0

遊馬「……」

アストラル『……』


遊馬「……行くぜ、アストラル」

アストラル『ああ』


遊馬「俺と!」

アストラル『私で!』

遊馬 『 オ ー バ ー ☆ レ イ ! 』 アストラル

アストラル『遠き2つの魂が交わりしとき、語り継がれし力が現れる!』

遊馬 「 『 エ ク シ ー ズ ☆ チ ェ ン ジ ―― 』 」 アストラル

ゼアル 「 『 ゼ ア ル ! ! 』 」



45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/10/06(土) 21:20:15.62 ID:xPZRHFDx0

アストラル『集中しろ、遊馬!』 

ゼアル「おう! かっとビングだ、俺!」

アストラル『最強デュエリストのデュエルは全て必然、ドローカードさえもデュエリストが創造する!』

ゼアル「魔法カード、強欲な壺を発動! デッキからカードを2枚ドローする」

ゼアル 「 『 全 て の 光 よ ! 力 よ ! 我 が 右 腕 に 宿 り 、 希 望 の 道 筋 を 照 ら せ ! 』 」

ゼアル 「 『 シ ャ イ ニ ン グ ☆ ド ロ ー ! 』 」

ゼアル「行くぜ! 俺は手札からゴゴゴジャイアントを召喚! このカードの召喚に成功したとき、
      墓地からゴゴゴゴーレムを特殊召喚することができる! 戻ってこい、ゴゴゴゴーレム!」

アストラル『まずはホープレイを召喚だ!』

ゼアル「わかってる! レベル4のゴゴゴゴーレムとゴゴゴジャイアントでオーバーレイ!」

ゼアル「エクシーズ召喚! 現れろ、No.39! 希望皇ホープ!!」



47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/10/06(土) 21:21:45.41 ID:xPZRHFDx0

ゼアル「そして、ホープを素材として……カオスエクシーズ・チェンジ!」

ゼアル「現れろ、混沌を光に変える使者! CNo.39 希望皇ホープレイ!!!」

アストラル『新たな勝利の方程式は、ここに全て揃った!』

ゼアル「魔法カード、おろかな埋葬を発動! デッキからガガガカイザーを墓地に送る!」

アストラル『どうやら、このデュエルは変則タッグデュエルだったようだ。
        この時にはもう、味方は脱落してしまっていたようだが』

ゼアル「遊戯さんと一緒に戦ったデュエリストがいるってことか?」

アストラル『その通りだ。そしてこのタッグデュエル、そのデュエリストと武藤遊戯はフィールド及び墓地を共有することができた』

ゼアル「ってことは、俺たちもそのデュエリストの墓地を使えるってことか」

アストラル『そのようだ』

ゼアル「だったら! 装備魔法、ガガガリベンジを発動! 墓地からガガガカイザーを特殊召喚だ!」



48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/10/06(土) 21:23:43.57 ID:xPZRHFDx0
ゼアル「さらに手札から、ガガガクラークを特殊召喚! こいつは俺のフィールドにガガガモンスターがいるとき、特殊召喚できる!」

ゼアル「そして、ガガガカイザーの効果発動! 墓地のモンスター1体を除外することで、
      場のガガガモンスター全てのレベルを、そのモンスターと同じにする!」

ゼアル「俺が除外するのは、レベル5の異次元竜トワイライトゾーンドラゴン!」

アストラル『よってガガガカイザーとガガガクラークは共にレベル5となる!』

ゼアル「レベル5になったガガガカイザーとガガガクラークをオーバーレイ!」

ゼアル「2体のモンスターで、オーバーレイネットワークを構築!」

ゼアル『エクシーズ召喚! 現れろ、ZW-獣王獅子武装!!』

ゼアル『獣王獅子武装の効果発動! オーバーレイユニットを1つ使うことで、デッキからZWを1枚手札に加えることができる』

ゼアル 「 『 全 て の 光 よ 、 力 よ !   我 が 右 腕 に 宿 り 、 希 望 の 道 筋 を 照 ら せ ! 』 」

ゼアル 「 『 シ ャ イ ニ ン グ ☆ ド ロ ー ! ! 』 」

ゼアル「俺は! 手札のZW-一角獣皇槍とZW-風神雲龍剣、そしてフィールドの獣皇獅子武装をホープレイに装備する!」


49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/10/06(土) 21:24:41.07 ID:xPZRHFDx0

アストラル『一角獣皇槍は1900、風神雲龍剣は1300、獣皇獅子武装は3000ポイント、ホープレイの攻撃力を上げる』

ゼアル「これでホープレイの攻撃力は6200アップして8700だ!!」

ダーツ「いくら攻撃力を上げようと無意味だ。後衛にいるオレイカルコス・シュノロスを攻撃することはできない。
     そして前衛にオレイカルコス・アリステレスがいる限り、お前たちはデクシアとシュノロスを攻撃することはできない」

ダーツ「さらに、アリステレスもデクシアと同じ効果を持っている! アリステレスが攻撃されたとき、その守備力は、
     攻撃してきた相手モンスターの攻撃力+500ポイントの数値になる!」

アストラル『デクシアにアリステレス。どちらも、戦闘時には必ず相手モンスターの攻撃力を上回る」

アストラル『まさしく最強の矛、そして最強の盾!』

ダーツ「そうだ。お前たちにこの盾を砕くことなどできはしない!」

ゼアル「……」

アストラル『……』

ゼアル 「 『 そ れ は ど う か な ? 』 」

ダーツ「!?」


51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/10/06(土) 21:25:23.00 ID:xPZRHFDx0

ゼアル「一角獣皇槍を装備したホープレイがバトルを行うとき!
     そのバトルフェイズの間だけ、敵モンスターの効果は無効になる!!」ドン☆

ダーツ「なに…!?」

ゼアル「最強の矛も最強の盾も、効果を無効にしちまえば関係ねえ!」

ゼアル「バトルだ! ホープレイでオレイカルコス・アリステレスに攻撃!」

ダーツ「ふっ、やはり無駄だ! お前たちにはオレイカルコスの三重結界を越えることはできない!
     第二の結界、オレイカルコス・デウテロスの効果発動!」

ゼアル「なんだと!?」

ダーツ「相手モンスターが攻撃してきたとき、自分のモンスターを1体生贄にすることで、その攻撃を無効にし破壊する」



52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/10/06(土) 21:26:01.18 ID:xPZRHFDx0

ダーツ「私はオレイカルコス・アリステレスを生贄に――」

ゼアル「そんなもんぶち破れ、ホープレイ! 風神雲龍剣の効果!」

ゼアル「このカードがホープレイに装備されている限り、ホープレイをカード効果の対象にすることはできない!」

ダーツ「なんだと!?」

ゼアル「これで、オレイカルコス・デウテロスの効果は使えない! いっけえええええ!」

ゼアル 「 『 ホ ー プ 剣 ト リ プ ル カ オ ス ス ラ ッ シ ュ ! ! 』 」

ダーツ「ぐうっ……!」

ゼアル『さらに! 獣皇獅子武装の効果発動! 装備されたこのカードを墓地に送ることで、
     このターン、ホープレイはもう1度モンスターに攻撃することができる!』

ゼアル『オレイカルコス・デクシアに攻撃! ホープ剣トルネードブリンガー!!』

ダーツ「バカな……!」LP20000→14800

ゼアル「よっしゃあー! 最強の盾に、最強の矛! どっちもぶっ壊してやったぜ! ターンエンド!」


53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/10/06(土) 21:27:01.32 ID:xPZRHFDx0

ダーツ「だが、私にはまだオレイカルコス・シュノロスがいる」

ゼアル「って、そうだった! 攻撃力五桁のモンスターなんて、どうすりゃあいいんだよ!?」

アストラル『落ち着け、遊馬。確かにシュノロスの攻撃力は凄まじい。だがそれはシュノロス自身のモンスター効果によるものだ』

ゼアル「モンスター効果……ってことは」

アストラル『そうだ。仮にシュノロスがホープレイに攻撃してきたとしても、一角獣皇槍はバトルフェイズの間シュノロスの効果を無効にする。
        よってシュノロスの攻撃力は、オレイカルコスの結界の効果を受けただけの500ポイント。恐るるに足りない』

ダーツ「ふっ。君たちはまだ、シュノロスの本当の力を理解していない! 私のターン、ドロー」

ダーツ「私はシュノロスを守備表示に変更する。ターンエンドだ」

ゼアル「な、なんだあ? 意味深なこと言っといて、結局は守りを固めるだけじゃんか」

アストラル『敵の狙いは一体……』

ゼアル「まあ、考えたってしょうがねえ! 俺のターン、ドロー!」



54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/10/06(土) 21:27:31.58 ID:xPZRHFDx0

ゼアル「デクシアとアリステレスが破壊されたことで、前衛にモンスターはいなくなった! これでシュノロスを攻撃できるぜ!」

アストラル『待て遊馬、ここは少し様子を見たほうが――』

ゼアル「バトルフェイズ! 行けホープレイ、オレイカルコス・シュノロスを攻撃だ!」

ダーツ「……」

ゼアル「ホープ剣カオススラッシュ!」


アストラル『……やったか?』

ゼアル「やったー! シュノロスを倒したぜ!」

ダーツ「……」LP 0


55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/10/06(土) 21:28:23.78 ID:xPZRHFDx0

ゼアル「って、あれ? もうライフがゼロに……」

アストラル『おかしい…!! ホープレイの攻撃力は、獣皇獅子武装をパージしたことで5700に落ちた。
        10000ポイントを超えるライフを、一撃で削りきれるはずがない! これはいったい……』

ゼアル「それ以前に、シュノロスは守備表示だったんだ。ダメージは通らないはずだろ?」

アストラル『それもそうだが、何より――なぜデュエルが終わらない!?』

ダーツ「フフフ……」

ゼアル「!」

アストラル『……何だ、あのモンスターは……!』

ダーツ「オレイカルコス・シュノロスが破壊されたとき。手札を全て捨て、10000ポイント以上のライフを全て払うことで……」

ダーツ「蛇神ゲーは、フィールドに特殊召喚される!」


56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/10/06(土) 21:29:10.99 ID:xPZRHFDx0

アストラル『攻撃力、無限だと……』

ゼアル「そんなバカな! ライフを全部払うなんて、ただの自爆じゃねーか!」

ダーツ「蛇神ゲーが降臨した時点で、ライフポイントに意味などなくなる。
     私がこのデュエルに敗北するのは、蛇神ゲーが破壊されたときのみ!」

アストラル『勝利条件すら塗り替えてしまう、そんなモンスターが存在するというのか!』

ゼアル「お、俺は……カードを、1枚、伏せて……ターンエンド」

ダーツ「私のターン。デッキから10枚のカードを墓地に送り、蛇神ゲーの攻撃!」



57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/10/06(土) 21:29:44.69 ID:xPZRHFDx0

ゼアル「く、トラップ発動! ハーフ・アンブレイク!」

ゼアル「このターン、ホープレイをバトルによる破壊から守り、発生するダメージを半分にする!」

アストラル『ダメだ遊馬、蛇神ゲーの攻撃力は無限! いくら半減したところで……』

ダーツ「無限は、無限! 消え去るがいい!」

ゼアル『うわああああああああああああ!!』LP2500→ 0

―――


遊馬「うわああああああっ!」

遊馬「……ハッ! 戻ってきたのか……」

アストラル『恐ろしい相手だった……』

遊戯「うーん、遊馬くんには少し厳しかったかな」

十代「遊戯さんでも苦戦したような相手ですしね……遊馬にはまだ早かったかも」


58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/10/06(土) 21:30:25.16 ID:xPZRHFDx0

遊星「大丈夫か、遊馬?」

遊馬「……いや。俺、あいつと戦えてよかった」

遊星「……?」

遊馬「ワールドデュエルカーニバルで優勝して。
    初めて会ったときは、メタメタにやられちまったカイトとも、いい勝負ができるようになって。
    『強くなったんだ!』って。……俺、浮かれてた」

遊馬「でも、俺なんかまだまだだった。まだまだ、世の中には強えやつがいっぱいいるんだ!」

遊馬「この程度で調子に乗ってちゃ、本当のデュエルチャンピオンにはなれないよな!
    もっと、もっと強くならなきゃ! かっとビングだ、俺!」

アストラル『私も、己の未熟さを痛感した。来るバリアンとの戦い……その時まで、共に腕を磨くとしよう、遊馬』

十代「おう! その意気だぜ、遊馬! アストラル!」

遊星「フッ……」

遊戯「ふふっ。この強化合宿を開いて、正解だったみたいだね」

十代「じゃあ遊馬、合宿は次で最後だけど、どうする? もうちょっと休憩するか?」

遊馬「そんなもんいらねえ! むしろ、最後なんて言わずにじゃんじゃんやってくれ、十代さん!」

十代「そうこなくっちゃな!」



59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/10/06(土) 21:31:12.36 ID:xPZRHFDx0

十代「最後はやっぱり、身体能力のテストだな!」

遊馬「……へ?」

十代「ほんとはリアルファイトのテストでもやろうかと思ったんだけど、やっぱ中学生だしな。
    あんまり野蛮なことは教えないほうがいいよな、うん」

アストラル『遊馬、リアルファイトとはどんな効果だ。いつ発動する?』

遊馬「いや、でも、身体能力って……」

遊星「遊戯王シリーズの主人公を務める以上、どうしても身体能力は必要になってくる」

十代「その通りだぜ遊星!」

遊戯(そうなのかな……)

遊星「今回は、俺の経験した最も危険な状況を設定しておいた。これを切り抜けられるなら、もう一人前と言えるだろう」

遊馬「え、いや、ちょっ」


60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/10/06(土) 21:31:47.85 ID:xPZRHFDx0

―――

ロットン「発動しろ、ダイナマイト・ウォール! 全てのカードを……それだけじゃねえ!」

ロットン「お前たちも粉々に爆破してやるぜ!」

                               ヽ`
                              ´
                               ´.
                           __,,:::========:::,,__
                        ...‐''゙ .  ` ´ ´、 ゝ   ''‐...
                      ..‐´      ゙          `‐..
                    /                    \
        .................;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::´                       ヽ.:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.................
   .......;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙       .'                             ヽ      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;......
  ;;;;;;゙゙゙゙゙            /                           ゙:                ゙゙゙゙゙;;;;;;
  ゙゙゙゙゙;;;;;;;;............        ;゙                              ゙;       .............;;;;;;;;゙゙゙゙゙
      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;.......;.............................              ................................;.......;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙
                ゙゙゙゙i;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;l゙゙゙゙゙
              ノi|lli; i . .;, 、    .,,            ` ; 、  .; ´ ;,il||iγ
                 /゙||lii|li||,;,.il|i;, ; . ., ,li   ' ;   .` .;    il,.;;.:||i .i| :;il|l||;(゙
                `;;i|l|li||lll|||il;i:ii,..,.i||l´i,,.;,.. .il `,  ,i|;.,l;;:`ii||iil||il||il||l||i|lii゙ゝ
                 ゙゙´`´゙-;il||||il|||li||i||iiii;ilii;lili;||i;;;,,|i;,:,i|liil||ill|||ilill|||ii||lli゙/`゙
                    ´゙`゙⌒ゞ;iill|||lli|llii:;゙|lii|||||l||ilil||i|llii;|;_゙ι´゚゙´`゙
                         ´゙゙´`゙``´゙`゙´``´゙`゙゙´´


61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/10/06(土) 21:32:29.06 ID:xPZRHFDx0

遊星「うわあああああああああああ」

鬼柳「うわあああああああああああ」

ロットン「うおあああああああああああ」

―――

遊星「もうすぐ坑道を抜けられるというところで、敵がダイナマイトを持ち出してきてな。崖下に叩き落されてしまったんだ」

遊馬「えー……っと。それで、遊星さんはどうやって生還したんですか……?」

遊星「? 特別なことはしていない。ただ耐えただけだ」

遊馬「え?」

遊星「……どうかしたか?」

遊馬「え!? え!?」


62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/10/06(土) 21:33:01.60 ID:xPZRHFDx0

十代「よし、行ってこい遊馬!」

遊馬「ちょっ、ま――」


―――

ロットン「お前たちも粉々に爆破してやるぜー!」

                               ヽ`
                              ´
                               ´.
                           __,,:::========:::,,__
                        ...‐''゙ .  ` ´ ´、 ゝ   ''‐...
                      ..‐´      ゙          `‐..
                    /                    \
        .................;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::´                       ヽ.:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.................
   .......;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙       .'                             ヽ      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;......
  ;;;;;;゙゙゙゙゙            /                           ゙:                ゙゙゙゙゙;;;;;;
  ゙゙゙゙゙;;;;;;;;............        ;゙                              ゙;       .............;;;;;;;;゙゙゙゙゙
      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;.......;.............................              ................................;.......;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙
                ゙゙゙゙i;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;l゙゙゙゙゙
              ノi|lli; i . .;, 、    .,,            ` ; 、  .; ´ ;,il||iγ
                 /゙||lii|li||,;,.il|i;, ; . ., ,li   ' ;   .` .;    il,.;;.:||i .i| :;il|l||;(゙
                `;;i|l|li||lll|||il;i:ii,..,.i||l´i,,.;,.. .il `,  ,i|;.,l;;:`ii||iil||il||il||l||i|lii゙ゝ
                 ゙゙´`´゙-;il||||il|||li||i||iiii;ilii;lili;||i;;;,,|i;,:,i|liil||ill|||ilill|||ii||lli゙/`゙
                    ´゙`゙⌒ゞ;iill|||lli|llii:;゙|lii|||||l||ilil||i|llii;|;_゙ι´゚゙´`゙
                         ´゙゙´`゙``´゙`゙´``´゙`゙゙´´


63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/10/06(土) 21:33:44.77 ID:xPZRHFDx0

遊馬「ぎゃああああああああああ!!」

アストラル『ふむ。確かにこれは、なかなかの危機的状況だ』

遊馬「冷静に観察してんじゃねえよ! このままだと死んじまう!」

アストラル『……ふう。少し落ち着け、遊馬』

遊馬「これが落ち着いてられるかよぉー!」

アストラル『君はもう、駆け出しの主人公ではない。1年と半年の間、アニメ遊戯王の世界で戦ってきた、立派な主人公だ』

遊馬「……」

アストラル『タクティクスも、デッキパワーも、1年前とは比較にならないほど成長した。
        もちろん、デュエル外でのピンチにも、何度か遭遇しているはずだ。そして君はそれを切り抜けた』

遊馬「アストラル……」


65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/10/06(土) 21:34:22.22 ID:xPZRHFDx0

アストラル『行くぞ、遊馬』

遊馬「……ああ!」


アストラル『遠き2つの魂が交わりしとき、語り継がれし力が現れる!』

遊馬「俺たち2人で、オーバーレイネットワークを構築!」

遊馬 「 『 エ ク シ ー ズ ・ チ ェ ン ジ ―― 』 」 アストラル

ゼアル 『 ゼ ア ル ! ! 』

アストラル『ゼアルウェポン(物理)だ、遊馬!』

ゼアル「おう! 俺は俺自身にZW-雷神猛虎剣を装備!」


66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/10/06(土) 21:37:37.76 ID:QFlthRIG0
ゼアル「おう! 俺は俺自身にZW-雷神猛虎剣を装備!」


どういう……ことだ……


67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/10/06(土) 21:43:24.80 ID:V9/P5x8f0
>>66
どこにおかしいところがあるんだ?


68 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/10/06(土) 21:46:05.36 ID:ftsy5h700
>>66
まだカードを発動するだけまし
どっかの社長やタラコ唇といったら…


69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/10/06(土) 21:52:54.80 ID:pvDfGIGW0
サイコ・ソードを装備!


70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/10/06(土) 22:00:44.60 ID:QFlthRIG0
よく考えたら確かに遊戯王じゃ普通だった


25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/10/06(土) 21:07:19.28 ID:pvDfGIGW0
真の決闘者はカードをも(ry








引用元 http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1349524396/

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 2ちゃんねる
ジャンル : サブカル

コメントの投稿

非公開コメント



けしからん小悪魔ドロシア
ご協力してくださると嬉しいです
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
タグで記事を検索

しまむら siri xvideo イヌッマ タマン ピザ Fireworks 税金 ホラー エイスース 猫ひろし コレクション ATM WiFi ビール NEC おっさん クリスマス ざまあ つまらない 死ね 女子高生 高齢者 乱交 デュフフコポォ 未完 オナホ 池沼 キムチ エジプト  チェーンビート 馬鹿 北京国際マラソン モー娘 団塊 神崎かおり 布団 モスバーガー 賢者タイム ヤニキ 詐欺 面白くない トイレ 税金の無駄遣い ケース ヤフー 地方ニュース グラビアアイドル ゴーリキー 性教育 一日 斎藤佑樹 わけがわからないよ カレー 売春 最近、妹が添い寝を求めてきて困ってます 二岡 スマートフォン 迷台詞 SS アーチェ 変態 作画崩壊 受け流す バッファロー ヤフオク 風俗 情弱 JK  FF オク 壁殴り代行 エロゲ どうしてこうなった Xperia 管理人雑記 ドラクエ ニャル子 羨ましい ソードアート・オンライン 酷い話だ サムスン DQN 川越シェフ AV女優 代用 小学生 置き去り 種族値 オナ禁 カーチャン 不祥事 アホの子 ひどい イスラム 韓国 マジキチ タマキン さいてょ 無能 ロリ 擬似恋愛 エヴァ アルミホイル 中二病でも恋がしたい 起源 ハロワ 福井 不審者 魅力 自衛隊 群馬県 セリフ おっぱい バス 無駄遣い コピペ ルーター 安全第一 照英 お前ら 暴走族 盗撮 楽天 愛すべき馬鹿 自演 ロウきゅーぶ! 総通 哲学 テレビ 淫行 教師 在日 中国 世界大戦 民事再生手続き ドラえもん オナニー 釣り ドコモ 厨二病 剛力彩芽 大分県 OCG 神奈川県警 痴漢 アンパンマン コラ ドラマ 谷亮子 ゲーム クズ 3G  Nexus7 公務員 キモい スレタイ イワーク ハルト  カイエン アッー! 遊戯王OCG 日記 加藤 コンサドーレ札幌 海外 まどマギ 交通事故 日本シリーズ 内柴正人 ホモ 佐川急便 当然の仕打ち スマホ ゆとり オーガ 閲覧注意 iPhone kobo 意味不明 二次元 グンマー はよ アナル ローション IT 手を洗わない  てんかん まるで意味がわからんぞ 汚い 通信障害 わいせつ これはひどい BBA 転校生 立てこもり ニュース 死亡 初々しい妹 ホットケーキ 議員 中学生 鶏肉 ふぅ… オホホ bot 北海道 久保帯人 イーモバイル ヤシガニ ドラゴン 女装  MNP ジャンプ  レイプ iPad 老害 だます AV ヘブン状態 下着 サンタ オエー ネタ 無知 遊戯王 安価 おすすめ 中学校 獣姦 ヤマダ電機 田畑 痛い 据え置き型 うわぁ アクセル・ワールド チョン >>1の通訳 東日本大震災 ジャパネットたかた 伝説 小学校 au 大阪 天才 青山 巨人 近親相姦 料理 爆発 アニメ 進化 ソニー 三次元 ソフトバンク ヒロイン こたつ えるたそ 露出狂 国技 アッー!! 警察 Photoshop 民主党 包茎 サボり 新連載 市職員 Android 強姦 チキン 日本直販 侍JAPAN 画像ください マカロニ デッキレシピ サービス業 野球 ポケモン がんばろう 新しい ありがち 戦争  サッカー テレフォンオペレーター 童貞 サザエさん 石川遼 キャベツ 城之内 岡田克也 LINE Kindle 柔道  神崎さん 恋姫無双 変化球 足立区 早漏 LTE 強いられているんだ キリスト教 

相互リンク募集中です
アクセスランキング
スポンサーサイト様
Amazonおススメ商品
セキュリティ対策ソフト、いつもお世話になっております
訪問者数
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。